読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

\\本日のペンペン //

アナタノパブリシスト愛未です!

夢に向かっている人が、夢へもっと躍進できるように、

ホンキの人のお尻をホンキで叩いてます♪ペンペン。

 

1000分の3 ペンペン目は
大阪でタコヤキを焼いて57年
寛子さんです。
 

f:id:entreprep3:20170129195011j:plain

 
寛子さんの作るタコヤキは
卵たっぷり、特性ソースたっぷり
やさしいお味。
 
 
今までに
 ・橋本元大阪都知事
 ・三田村邦彦さん
などなど・・・
数え切れない著名人が
訪れるお店でもあります!
 

f:id:entreprep3:20170129202452j:plain

 
 
タコヤキやさんをやる前は、
工事現場や、デパート、事務職
などたくさんの職業を経験していた寛子さん。
  
 
タコヤキ屋を始めたのは
タコヤキやさんの旦那さんと
結婚されたのがキッカケでした。
 
   
突然店のすべてを任された寛子さんに周囲は
「素人がタコヤキ屋を始めても3日で辞めるやろ」
と冷たい言葉ばかり。
 
 
それが悔しくて
3日でお店のすべてのことがデキるほどに
猛特訓したそうです。
 

f:id:entreprep3:20170129204141j:plain

 
しかも開店当初からおいしいと評判で、
お店は大繁盛!
一時期は3人スタッフを雇って
お店を回していました。 
 
 
しかし、スタッフを雇ったことで
経営が悪化。
なんと400万円の借金を背負ってしまいます。
 
 
そこから、 
「自分でやったことの責任は自分でとる」
と一念発起し、
タコヤキ屋に加え、不動産事業を開始します。
 
 
必死で働いて働いて
なんと1人で借金を返済したそうです。
 
 
そんな寛子さんがタコヤキ屋さんをやっていて
一番やりがいを感じるのは、
自分を頼って、たくさんの人が
悩みを相談しに来てくれることだそう。
 
 
「人がカワイイねん。
 ツラいときはうちへ来なさい。」
 
 
お客さんへ無償の愛情を注いでいる
寛子さんのお店には、
今日も寛子さんに会いに
たくさんのお客さんが来ていました♡
 
 
そんな寛子さんの夢は、
「世界一周旅行の船の上で、
 世界中の人にタコヤキをふるまうこと!!」
 
 
「お金はいらん。
 外人さんでもどんな人でも
 私の手にかかれば幸せな気分になれるで。」
 
 
そう言って笑う寛子さんは、超ステキです!
 
 
ではでは、寛子さんが夢に向かって躍進できるように
今日もやらせていただきます!
ペンペン!
 
 

f:id:entreprep3:20170129202353j:plain

 
#ペンペン
#アナタノパブリシスト
#本日のペンペン